JメールやハッピーメールやYYCを同時利用し、パパ募集を続けました。
少しずつではあるのですが、連絡を受け取ることができました。
LINE通話になって、金銭のやりとりにもなっていきます。
これは人によって、随分と差があるなと思いました。
とっても安い金額で、デートしたいと言われることもありました。
借金を返すために、それなりの資金が必要ですから、あまりにも低い金額の方はお断りをしました。
これを繰り返すうちに、太っ腹なパパが現れました。

 

 Jメールの投稿を見てメールをくれた方は、48歳の会社社長の男性です。
やりとりの中で、2万円の支払いを提示してくれた時、友人のパパの見つけ方は完璧だと感じてしまいました。
今お金が必要な私の現状も素直に話しました。
「そういうことなら、一度食事にお付き合いしてくれ」と言ってくれたのです。
とんとん拍子で待ち合わせが決まっていきました!

 

 高額なお小遣いを提示してくれたパパです。
失望されないようにしなければいけません。
気に入ってもらえたら、食事するだけでも愛人契約のように継続だってあるかもしれません。
心臓バクバクさせながら、料理を一緒に食べることになりました。
派手すぎないメイクやセクシーすぎない服装で出かけ、良い印象を与えられたかもしれません。
「お金を返すためにも、定期的な関係を作ってみる?都度払い2万円はそのままに、2回から3回程度会ってもらえないだろうか」
この瞬間、感激が湧き上がってきました。
即座にパパ契約してもらいました。
これで、やっとパパを見つけられて、そして借金返済の目処が完璧に立ったって感じでした。

 

 その後も会社経営者の方とは、月に2回〜3回程度待ち合わせする関係になっていきました。
美味しい料理プラス多くのお小遣いで、安定した副収入が入ってくるようになりました。
もっとたくさんのパパからお金をもらう契約をしてもらいたい、そんな考えも頭の中にはありました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パパ募集サイトBEST5
パパ募集の成功者に教わったサイト